ちょっとした恐怖体験

| トラックバック(0)

この前、ちょっと怖い経験をしました。

その日は仕事が午後からだったので、
お昼ごはんを食べてから職場に行こうと思って、1人でレストランに向かったんです。
途中でエレベーターに乗ったんですが、そこで乗り合わせたオジサンが何だかジロジロ見てくるなぁと思って、
イライラしてして思わず睨み返してしまったのですが、
何を勘違いしたのか、その時気があると思われてしまったのかもしれません。

その時は特に何事もなくエレベーターを降りて、レストランに向かったのですが、
下の階で降りたはずのオジサンが何故か同じレストランに入ってきたのです。

びっくりしたけど、偶然かもしれないし、あまり自意識過剰になるのも・・・と思ったので、無視していたのですが、今度は隣りの席に座ってきたんですよね。

明らかにこっちを意識しているのも分かりました。

食事をするところなのに、アイス珈琲しか頼んでいないのもおかしいと思ったし、

そもそも男性が1人で入るようなレストランではないので、ここでもう、私の中では疑念から確信に変わり、席を変わりました。

本当はすぐに出たかったのですが、オーダーも済んでしまっていたし、
下手にすぐ外に出たら後をつけられるかもと思って、見えない席に移動させて貰いました。

食事中も「またこっち来るかも?」と気が気ではなく、
楽しみだった食事が台無しでした。

幸い、その後は何事もなかったのですが、
あれはちょっとした恐怖体験でしたね。

きっと私だけはなく、他の女性にも目をつけてやっているのでしょう。そんな感じがしました。


昼間であることや、人がいっぱい歩いているところなので、一見、不安要素は何もないシチュエーションですが、
何があるか分からないなぁと改めて思いました。

皆さんも注意してくださいね。

 

PR/シミ 化粧品

トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、yukiが2013年12月10日 11:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「中学受験には精神的な支えが必要」です。

次のブログ記事は「簡単なダイエット方法は、本当に痩せられるの?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30